今年もやります!

毎年恒例の「リブライトフェア」
今年も、秋に開催が決定しておりますが、その準備は毎年、春頃からスタートします。

というわけで、フェア実行委員会の第一回目会議が、本日行なわれました。

2時間にわたり、参加メンバーから色々な意見が出されました。
昨年の反省点やご好評頂いた点を踏まえ、
皆様に、よりご満足いただけるフェアにしていきたいと全員張り切っております。

「リブライトフェア2010」にどうぞご期待下さい!


高圧洗浄機のお話

高圧洗浄機の購入をご検討のお客様から時々こんなご質問を頂きます。
「もっと、お値打ちなものはないの?」
「ホームセンターではもっと安かったよ。」
「このメーカー、通販では○○円で売っていたのに・・。

たしかに、ホームセンターやTVショッピングなどの価格は2万円前後です。
それに対して、弊社の扱う高圧洗浄機は、同じ100Vタイプでも10万円台前半が中心、
安価なタイプでも5万円以上のものばかりです。
違いは「家庭用」と「業務用」。
でも、カタログや説明書の仕様を見ても、圧力や水量などの数値はほとんど一緒。
メーカーの方曰く、「200Vやエンジンタイプとの差は大きいが、同じ100V同士なら家庭用も業務用もパワーにそれほど大きな差はありません」とのこと。
「じゃあ、なにが違うの?」
「パワーに遜色ないのなら、安い家庭用で良いじゃないか」
と思われますよね。でも、大きな差があるんです!
それは「耐久性」
ボディの強度、キャスターやアタッチメントなどの材質の強度も違いますが、
一番大きいのは搭載している「ポンプ」。高圧洗浄機の心臓部とも言える「ポンプ」の寿命です。
あるメーカーさんの説明によりますと、業務用は、毎日の使用を前提にした設計がされているのに対し、家庭用は月数回の洗車と、年数回の大掃除に使う程度の使用環境を想定した設計をしているとのこと。
その耐久性の物を、プロの方が毎日使用すると・・、お分かりですよね?
実際に、弊社にも
「安かったのでネットで購入したんだけど、1年も使用していないのに圧力が上がらなくなってしまった。修理してもらえないか?」との相談に来られるかたがいらっしゃいます。
しかし、家庭用を業務用としてご使用になった場合、その使用頻度によってはメーカー保証期間内でもクレーム修理の対象外になることもありますし、有償修理でもポンプ交換となりますと機種と程度によっては、お買い上げ価格と大差ない費用がかかる事例も少なくありません。

やはり、「プロのお仕事にはプロの道具」ですね。


心機一転!

こんにちは!

GWの5日間ご不便をお掛け致しましたが、本日より通常通り営業再開いたしました。

今月より、小牧営業所は一部スタッフが入れ替わり、新体制でスタート致しました。
事務所内も少し模様替えして、心機一転頑張っていこうとはりきっております。
新小牧営業所を今後とも宜しくお願いいたします。